色々な場面で大活躍のシリコーンゴムやアルミ鋳物|未来に繋がる工場

男性

木型一つで何個も作れる

男性

昔から行なわれていた加工方法の中にアルミ鋳物があります。アルミ鋳物は、いろいろな場所で使われており、多くの人が目にしています。アルミ鋳物は、大きな製品から小さな製品を作ることができ、いろいろな鋳造方法で精算に適した製法で依頼された製品を作ることが可能です。鋳物を作る型は、木型になっており、塗装までの流れをスムーズに生産できる体制を整えています。その結果、短納期で依頼者の元に製品を提供しています。
作っている製品の中には、ハンドクラフト製品からアルミ鋳物を活かした作りや細かな行状をしている工業製品まで多彩な製品を手がけている工場が多く存在します。中には、何十年もの歴史があり、匠といっても良い職人が在籍している工場もあります。そういった匠の技によって、満足してもらえる製品を提供しています。

作られるアルミ鋳物は、いろいろなものがあります。カーテンウォールや装飾金物、ルーパー、柱、フェンス、格子などがあります。いろいろなものがアルミ鋳物で作られているので、あらゆる場所で製品を見ることができるでしょう。そういったアルミ鋳物を取り扱うとメリットとして複雑な加工も簡単に行なうことができることや金型を一つ作ることで何度も同じ物を作ることができることがあります。
マシニングセンタなどで作るときには、金属の塊が必要になりますが、アミル鋳物では、木型を作ってアルミを溶かして流し込むだけなので、製作時間が短く、コストも掛からないです。いろいろなメリットが存在するので、アルミ鋳物を使うことはとても良いでしょう。